【レビュー】Barebones ビーコンライトLED:バイク・自転車キャンパーにおすすめのLEDランタン

「Barebones Living」は渋いプロダクトが魅力

「ベアボーンズ社」は「アウトドアでの生活の質を向上させる」という理念のもとに設立された会社です。

今回紹介する照明やモバイルバッテリーなどのガジェットのほか、スキレットなどの調理器具、ガーデニング器具、保冷バッグなど、様々なアウトドアプロダクトを作っています。

そのどれもが、まるでヴィンテージのようなルックスに、最新の実用的な性能を持っているのが魅力です。

ベアボーンズ(Barebones)
¥6,050 (2021/10/19 18:48:31時点 Amazon調べ-詳細)

ベアボーンズ(Barebones)
¥4,800 (2021/10/19 18:48:32時点 Amazon調べ-詳細)

漂うヴィンテージ感

スペック

スペック

  • 本体価格:5,500円(実売6,000円程度)
  • 防水性:IPX4
  • バッテリー:2200mAHリチウムイオン電池
  • 明るさ:30-220ルーメン
  • 連続点灯時間:Low 200時間、Mid 5-6時間、Hi 3時間
  • 充電時間:4-5時間
  • 充電端子:USB
  • 重量:270g(実測)

防水性能は「IPX4」です。雨や汗などに耐えられ、水圧はNGぐらいの性能です。

ガスランタンは雨に弱いので、LEDの恩恵ですね。

外で使うものとして、雨に耐えてくれるのは大変魅力的です。

また、LEDということで、発熱も一切ありません。

そのためテント内やテーブルの上でも安心して使うことができます。

付属のカラビナで吊るすだけでなく、シッカリと自立するため、様々な場所に設置することができます。

雰囲気抜群、味わい深い表面処理が魅力!

まるで本物のカッパーのよう

カラーは3色あり、どれも魅力的で迷いました。

私の「カッパー」の他に「ブラック」「レッド」があります。

レッドのみ、アメリカンなソリッドレッドで、カッパー/ブラックのようにヘアラインが入っておらず、コレはコレでかわいいです。

明るさはそこそこ、ソロなら実用的かな

最小
最大
回転して点灯

明るさは「30-220ルーメン」が公称スペック。照射範囲は十分に広いです。

複数人のキャンプで、サイト全体を照らすメインのガスランタンが、大体1000ルーメン以上です。

そのため、二人以上ではメインランタンとしての実力はありません。

テーブルやテント内など、手元を照らすランタンとしての使用には十分です。

熱を持たないので、身近におけるのも良いですね。

ソロ使用では、十分にメインとして使うことができました。

ガスランタンに比べコンパクトで割れる心配もないため、バイクキャンプなどで重宝します。

インタフェースは現代的で使いやすいぞ!

バッテリー残量は三段階表示

バッテリーインジケータ(残量計)はLEDで三段階で表示されます。

バッテリー持ちはHiで3時間と短いですが、光量を少し下げるだけで格段に持ちが良くなる印象です。

モバイルバッテリーで充電しながらでも使えるので、テーブル上で使用する間に補充といった使い方も可能です。

充電用のUSBケーブルは内蔵
引き出して使います。

私が気に入っている点の一つがこの、内蔵USBケーブルです。

これにより、このビーコンライト単体で使用に必要なものが完結します。

使用時にケーブルがない、忘れたなんてことが起こりません。

収納が面倒ということもなく、取り出しやすく仕舞いやすい良い塩梅。

何気ないようで、グッと使いやすくなる良好な装備です。

まとめ:気軽に使いやすいLEDランタン

「雨に強い」「発熱しない」「割れない」「メンテフリー」で、便利なのに維持も苦になりません!

こんな方におすすめ

  • おしゃれキャンパー
  • ライトキャンパー
  • ソロキャンパー

ベアボーンズ(Barebones)
¥6,050 (2021/10/19 18:48:31時点 Amazon調べ-詳細)

ベアボーンズ(Barebones)
¥4,800 (2021/10/19 18:48:32時点 Amazon調べ-詳細)

ベアボーンズ(Barebones)
¥5,650 (2021/10/19 18:48:33時点 Amazon調べ-詳細)

カワイイ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

kei

東北生まれのUXデザイナー。 お金を使えない貧乏性タイプ。

-プロダクト, アウトドア

© 2021 MONOHOSHI -モノホシ-