【レビュー】CONVERSE ALL STAR 100:最近のコンバースは歩きやすくなってた!

見た目はそのまま、機能は向上

コンバース100周年記念モデル!

コンバース「オールスター」は1917年に登場した、世界最長のバスケットシューズです。

シンプルで定番のこのルックスは、誰しも見たことがありますよね。

その100周年記念モデルがこの「オールスター100」です。

従来のオールスターは、基本的に100年前の設計ということも有り、機能的には決して良くはありませんでした。

オールスター100では、魅力的なルックスそのままに、実用性を大幅に向上させています。

アンクルパッチは内側。星マークはメタリック

高機能カップインソール「REACT」(リアクト)で歩き疲れない!

オールスター100では高機能カップインソール「リアクト」を搭載しています。

こちらはクッション性、フィット感、通気性に優れた優秀なものです。

クッションは厚手の低反発でコシがあり、履いた瞬間に「歩きやすそう!」と感じるほど。

従来のコンバースと言えば、ソールが薄く、正直歩き疲れやすい印象でした。

私の感じていた最大のデメリットが、軽減どころかメリットにまで昇格しており、素直に感動。

なんだかスポーティ
なかなかのクッション厚

「トラクションソール」で滑らない!

アウトソールは「トラクションソール」という、防滑性にすぐれたコンバースオリジナルソールを搭載しています。

従来のコンバースは滑りやすく、雨の日のタイルなどはかなり気を使いました。まさかそのデメリットが解消される日が来るとは……

型崩れしない「メモリーフォーム」

ベロが厚い

ベロには「メモリーフォーム」という芯材が入り、フィット感が向上。さらに型崩れやヨレを防止しています。

その他の部分にも芯材が入っているようで、型崩れを防止しています。

しかも、全体に消臭抗菌加工が施されています。

また、シューレース(靴紐)に撥水加工、ハトメ(靴紐の穴)にコーティングを施すことで、シューレースの黒ずみを軽減しています。

剥がれを防止したクラシカルな「ヒールラベル」

小さいのにクッキリプリントされ、質感が良いです。

クラシカルなデザインのヒールラベルが付いています。

表面にコーティングが施され、すり減りによる剥がれを軽減しています。

たしかに、従来では気がついたら消えていましたね。

長く使う上で嬉しいポイントです。

まとめ:見た目そのまま、中身は進化

見た目はそのまま、中身は近代的に進化させた、ネオクラシックのお手本のようなプロダクトです。

これだけ高機能ながら、値段もスニーカーとしてはかなり安価。

キャンパスシューズは各社から出ていますが、この価格と機能は十二分に魅力です。

ぜひ、オリジナルとも言えるこの「コンバース オールスター100」をお試しください!きっと気に入りますよ!

CONVERSE(コンバース)
¥6,180 (2021/04/16 15:17:42時点 Amazon調べ-詳細)

CONVERSE(コンバース)
¥5,280 (2021/04/17 02:14:28時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

kei

東北生まれのUXデザイナー。 お金を使えない貧乏性タイプ。

-ファッション, ライフスタイル

© 2021 MONOHOSHI -モノホシ-