【レビュー】Jabees Firefly.2:機能満載!ハイコスパ!【完全ワイヤレスイヤホン】

Jabees:中国 深センのオーディオメーカー

「Jabees」はBluetoothオーディオを得意とする深センのメーカーです。

様々なブランドのOEM生産を行っていた経緯から、コストパフォーマンスに優れているのが特徴です。

スペック:安くても最新機能満載のハイコスパイヤホン

スペック

  • 発売日:2019年11月頃
  • 連続再生時間:イヤホン本体約10時間 / 充電ケース約20時間(合計約30時間)
  • 充電時間:45時間
  • 急速充電:10分で約2時間再生可能
  • 防水等級:IPX7
  • 重量:イヤホン片側9.8g、充電ケース44.8g
  • 充電ケースサイズ:幅78*高37*奥行31mm
  • Bluetooth:Version 5.0、プロファイル A2DP / AVRCP、コーデック AAC / SBC
  • 充電端子:USB Type-C & ワイヤレス充電
  • ハンズフリー(電話応答)
  • ボイスアシスタント(SiriやGoogle Assistant)使用可能
  • イヤホンで音楽再生/停止可能
  • イヤホンで音量調整可能
  • 外音取り込み機能

性能・機能とも申し分ない仕様です。

価格的にも流石にアクティブノイズキャンセリングは搭載されていませんが、それ以外の機能は高価な機種と遜色ありません。

再生時間:本体10時間+ケース20時間の長時間再生

私がワイヤレスイヤホンを選ぶとき、再生可能時間を気にしています。

仕事柄出張が多く「家→空港→機内→到着」と長時間に渡って使い続けることもあるため、スタミナは大事な要素。

やはり10時間使えると安心感が違います。

しかもFirefly.2は充電時間も高速であるため、バッテリーのことは気にせずに使いまくれるのが魅力。

ワイヤレス充電対応

ワイヤレスイヤホンではまだ珍しい、ワイヤレス充電に対応しています。

こまめに充電ができるため、ふとした時に充電がないといった自体を防げます。

充電しなければいけないものが増えていく中、スマートフォンと共有できるワイヤレス充電対応は思いの外恩恵が大きかったです。

防水:泳げる防水性能

水没にも対応する高い防水性を誇ります。

公式では泳ぎまくっているので、スポーツ時の汗や雨程度余裕でしょう。

外音取り込み機能:自然な使い心地

外音取り込み機能は違和感がなく、使い心地が良いです。

実用性十分で、うっかりな私は電車に乗ったらすぐに切り替えて使っています。

外音取り込み機能への切り替えは左イヤホンボタンを3連打するのですが、ボタンが硬めなため意外に難しく、慣れるまでは度々失敗していました。(ボタンの硬さは誤作動防止になっているため、一概に悪いことでは有りません。)

イヤホンで音量調整可能

完全ワイヤレスイヤホンで実は珍しいのが音量調整機能。

スペースやボタン数の制約上、省かれていることが多いです。

右イヤホンボタン長押しで音量UP、同じく左イヤホンボタンで音量DOWNが出来ます。

スマートフォンを出せない状況でも使えるので、あると重宝する機能です。

音質:素直で聞き疲れない

まず前提として、私は音質を語るほど様々なオーディオを使用したことがありません。

素人感覚ではありますが、高音から低音まで丁度良いバランスで、違和感がなく聞き疲れません。

スマートフォンに付属するようなイヤホンよりは明らかに良い音を感じられます。

イヤホン本体:不思議と落ちる気がしない付け心地

サイズは大きくもなく小さくもなくといった感じです。

耳にフィットさせるための特別な突起などはありませんが、重量バランスが良いためか、不思議と落ちそうな不安感はありません。

実際に走ったり激しめに動いても全然平気です。(まぁ公式が泳いでるくらいですしね)

ケース:角がなく収まりが良い形状

なんだかとっても手馴染みが良いです。

ケースもそれほど小さくはありませんが、角がない形状のため、ポケットへ入れても突っ張る感じは少ないです。

とはいえやはりズボンのポケットに入れると膨らむので、一時的に入れる程度で、普段はジャケットやバッグに入れることになるでしょう。

見た目のもっこりの割に、本人は異物感を感じていません。

付属品:落下防止ストラップなんて変わり種も

イヤーピースはお椀型と球に近い型の2種類、それぞれS/M/Lで計6個あります。

薄手であまりハイグレードなものではないので、好みのものに取り替えるのもアリでしょう。

私はソニーの「ハイブリッドイヤーピース」に交換しています。

なんとなく重低音が増すような?

Sony ハイブリッドイヤーピース

珍しい「落下防止ストラップ」が付属します。

激しいスポーツや水泳時に使用する想定のようです。

まとめ:全てに違和感のない、よく出来たプロダクト

性能・機能・音・装着感など全てにおいて難点がなく、よく出来たプロダクトであると感じます。

初めてでも、グレードアップでも手を出しやすい価格で、悩んだらコレで間違いないイヤホンです。

こんな方におすすめ

  • 1万円以下で抑えたい方
  • 初めての完全ワイヤレスイヤホンを探している方
  • 泳ぎながらイヤホンを使いたい方

類似したスペックのJBL「REFLECT FLOW」のレビューはこちら。

正直、Firefly.2の方がおすすめです。

【レビュー】JBL REFLECT FLOW:低価格完全ワイヤレスイヤホンの決定版が登場!

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

kei

東北生まれのUXデザイナー。 お金を使えない貧乏性タイプ。

-ガジェット, プロダクト

© 2021 MONOHOSHI -モノホシ-