MVアグスタ SUPERVELOCE 800:エレガントなネオレトロスーパースポーツ【スペック/価格予想・写真】

史上初?ネオクラシックスーパースポーツ!【EICMA 2018】

「Superveloce(スーパーベローチェ)800」は「EICMA(ミラノショー)2018」で登場した「MV Agusta」のコンセプトモデルです。

最近流行りの「ネオクラシック」テイストのスーパースポーツモデルです。

ネオクラシックはネイキッド系ばかりの中、異色のモデルと言えます。

往年のMVアグスタのGPレーサー(GP500、GP350)のエッセンスを取り込み、親しみやすさとスタイリッシュさを兼ね備えています。

デザイン:懐かしさと新しさとの絶妙な融合

円形のヘッド/テールライト

ヘッドライト・テールライトは円形でクラシカルです。

黄色いヘッドライトはレーサーのゼッケン(ナンバー)をイメージしています。

テールカウルは取り外して二人乗りすることも可能となります。

カウルはその殆どがカーボン製とのこと。

GPレーサーを彷彿させるディティール

エンジンは3気筒のため、サイレンサーは3本出しで、右から2本、左から1本の変則的な構成です。

ホイールはスポークホイールとなっています。

スポークの構成を見るに、ちゃんとチューブレスです。

タンクキャップやタンク本体はレザーバンドで固定されているように見えます。

これらの特徴はインスピレーションを受けたGPレーサーを踏襲していると思われます。

レザーバンドを用いたタンクキャップ

スペック:F3 800ベースにパワーアップ

ベースマシンはコンパクトで超軽量なミドルスーパースポーツの「F3 800」です。

SuperveloceはF3をベースに改良されると予想されます。

F3 800スペック

  • エンジン:4ストローク水冷三気筒エンジン
  • 総排気量:798c
  • ボア×ストローク:79.0×54.3(mm)
  • 最高出力 :110kw(148hp)/13,000rpm
  • 最大トルク:88Nm(8.97kgm)/10,600rpm
  • 全長×全幅:2060×725(mm)
  • ホイールベース:1,380mm
  • 車両重量(乾燥):173kg
  • モード:4種類(ノーマル・スポーツ・レイン・カスタム)
  • トラクションコントロール搭載

アグスタの三気筒エンジンは非常にコンパクトで、F3は車体全体がコンパクトに仕上がっています。

この三気筒エンジンは荒々しいフィーリングに鋭いピックアップ、いきなり盛り上がるパワーバンドと、まるで2ストロークのような、気持ちの良いエンジンです。

私の好きなエンジンのベスト5に入る名エンジンです。

クラシカルなスタイリングにシャープなエンジンの組み合わせは、魅力的なマシンになることは容易に想像がつきます。

価格:200万円超えは避けられない!?

ベースのF3 800は約198万円と、なかなか高価な車両です。

これをベースに、ホイールやエキゾーストなど高価なパーツが新規で驕られていることを考慮すると、200万円を超えることは避けられないでしょう。

もしも量産車においてもカーボンを使用するのであれば、300万円を超えることも十分にありえます。

いずれにせよ、並のリッターバイクを超える、かなりの高級車となると予想されます。

発売日:2019年後半予定

Superveloce 800は、量産販売が決定されています。

本国イタリアなど欧州では2019年後半に発売される予定となっています。

日本では遅れて2020年中盤程度に発売すると思われます。

サーキットだけでなく街中でも映える稀有なスーパースポーツになるであろうこのマシン、実際の発売が非常に待ち遠しいですね。

アグスタのコンパニオンさんは軒並みレベルが高いです。
ザ・美女といった感じ

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

kei

東北生まれのUXデザイナー。 お金を使えない貧乏性タイプ。

-バイク, モビリティ

© 2021 MONOHOSHI -モノホシ-