【比較レビュー】XD Design Bobby:海外旅行向け防犯バックパック比較Part②!

ジッパーを隠すことで生まれた、スッキリとしたルックス

XD Design「Bobby」スリ防止バックパックの元祖!

オランダのデザインブランド発の、元祖防犯バックパックが「Bobby」です。

外観にジッパーやポケットが見えない、とてもスッキリしたルックスです。

個人的に、今回比較するものでは、見た目だけで言えば一番好み。

カラーは紹介する「グレー」のほか「ダークブルー」「ブラック」があります。

このBobbyからインスパイアされた商品が数多いことからも、影響力の高さが伺えます。

国内でも使っている人を度々見ることから、普及率の高さも見受けられます。

バリエーションも以下のように多彩で、用途に合わせて選べるのも魅力です。

  • サイズが15Lと大きくなり、17インチノートPCも入る「XL」
  • 女性や子供向けでカラフルな「Compact」
  • よりビジネス向けでブリーフケースにもなる「Bizz」
  • 別途紹介するロールトップの「Urban」

こちらも模造品にあふれていますので、安すぎる物にはご注意くださいね。

世界初!スリ被害を防ぐ多機能リュック「Bobbyオリジナル」 – スリを防ぐ多機能リュックBobby(ボビー)日本総合サイト

世界初!スリ被害を防ぐ多機能リュック「Bobby」オランダのXD Designが開発し、アメリカ、中国をはじめ世界で100万個以上売れている 大人気商品が、ついに日本上陸!日本のビジネスマンや海外旅行・出張者の安心安全を強力...

XDDESIGN
¥14,300 (2021/07/29 15:36:18時点 Amazon調べ-詳細)

XDDESIGN
¥6,600 (2021/07/29 15:36:19時点 Amazon調べ-詳細)

その他の防犯バックパック比較記事はこちら

【比較レビュー】Korin Design ClickPack Pro:海外旅行向け防犯バックパック比較Part①!

続きを見る

【比較レビュー】XD Design Bobby Urban:海外旅行向け防犯バックパック比較Part③!

続きを見る

カタログスペック

特徴

  • 実売:16,000円程度
  • 日本発売:2017年1月頃
  • 容量:13L
  • サイズ:幅30x高さ45x奥行き16.5(cm)
  • 15.6インチノートPCスリーブ
  • 盗難防止隠しジッパー
  • 防刃素材
  • 撥水加工
  • USB充電ポート搭載
見た目よりかなり軽いです。

【サイズ】少容量の割に大きめ

これまた一体感は良い感じ(身長180cm)
体に巻き込む部分が多いため、実際の張り出しはそれほどなさそう

容量は13Lと少ないのに対し、本体サイズは最も大きく感じます。

角ばっているため、背負った際の出っ張り感もあります。

こちらも荷重を分散し、「軽く感じる」構造です。

【素材】防刃/撥水、さらっと心地よいファブリック

良い感じにカジュアルなファブリック

こちらも「防刃」「撥水」と基本的部分は押さえてあります。

外部にジッパーが露出しないため、そこからの浸水もなさそう。

とはいえ、撥水性能自体はそこまで高くないため、雨ざらしで使用可能というほどではないです。

ファブリック部はなんというか、テーラードジャケットのようなサラッとした「布」感があるものです。

触り心地からは防刃や撥水が想像できません。

合皮部も質感は良いです。傷が付きやすいと聞くのが気になります。

また、購入時は結構しっかりしたカタチなのですが、使用とともにヘタるとの評判もあるため、全体として経年劣化しやすいようです。

【盗難防止】ロック無しで盗難防止の隠しジッパー

定番のYKK

Bobbyの特徴である、表から見えないジッパーです。

これにより、背負っている間はジッパーが背中にくっつき、開けられないようになっています。

そのため、紹介する他2つのバッグのようにロックを解除する手間がありません。

ジッパーに南京錠をつけられる穴もあるため、ロックすることも可能です。

構造上、どうしてもジッパーがやや開けづらいのは否めません。

【内装】使いやすいが手狭感は否めない

容量は13Lと、見た目よりもかなり少ないです。

PCスリーブのクッションが厚いため、容量を食われているようです。

また、外部のドリンクホルダーがないため、ドリンクを持ち運ぶ方は更に圧迫されることになります。

下の写真ではペットボトルを入れても奥行きに余裕がありそうに見えますが、実際はPCのスリーブが来るため、スキマはほぼありません。

ポケット自体は使いやすいものが揃っています。

こちらも180度開閉出来る他、開きすぎないようにストッパーも使える点が優れています。

どの仕切もクッションがしっかり
開閉角度を制限できます。

【ポケット】使い勝手はピカイチ!

背面ポケットは十分なサイズ
サイドのスリ防止のポケット。両側につくのもポイント。
両肩紐のカードポケット
  • 盗難防止の背面ポケット
  • 両内側面のポケット
  • 肩紐のカードポケット

ポケットは多くありませんが、使いやすいものが揃っています

特に「内側面のポケット」が抜群に便利。お金やスマートフォンなど、「さっと取り出したいが、盗まれたくないもの」を入れておくのにちょうど良いです。

その他の装備

USBポートを搭載

USBポート出口は使いやすい位置
内側には専用のモバイルバッテリー収納などはないため、ポケットで代用することになります。

ラゲージストラップはあると便利

使いやすい位置

「ラゲージストラップ」(キャリーバッグ連結紐)は低めの位置にあるため、大きなキャリーバッグ(ハンドルが短いもの)でも使いやすいです。

日本に戻ってからの移動時などにあると、やはり嬉しい装備です。

まとめ:見た目は素敵だけど、設計はやや古いか

防犯バックパックの先駆けということで、使い勝手は悪くありません。しかし設計の古さも否めなく、相応にコストパフォーマンスも良くありません。

とはいえ、ジッパーのない見た目の良さは確かで、そこに魅力を感じるのであれば他は十分に許容範囲の性能と言えます。

こんな方におすすめ

  • 見た目が気に入った方
  • 毎回ロックするのが面倒な方

XDDESIGN
¥14,300 (2021/07/29 15:36:18時点 Amazon調べ-詳細)

XDDESIGN
¥6,600 (2021/07/29 15:36:19時点 Amazon調べ-詳細)

Korin Design(コリン デザイン)
¥29,480 (2021/07/29 15:36:16時点 Amazon調べ-詳細)

Korin Design(コリン デザイン)
¥24,200 (2021/07/29 15:36:17時点 Amazon調べ-詳細)

XDDESIGN(エックスディーデザイン)
¥17,600 (2021/07/29 20:16:10時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

kei

東北生まれのUXデザイナー。 お金を使えない貧乏性タイプ。

-ファッション, ライフスタイル

© 2021 MONOHOSHI -モノホシ-